自動車保険の相場|一括見積を利用する人が増えています。

自動車保険の自由化以降、自動車保険の相場は大きく様変わりしました。

直接販売の通販型と保険料区分を細分するリスク細分の登場
この二つが相場の幅を大きく広げました。

自動車保険一括見積もりで保険料を比較した例をご覧ください。

ホンダステップワゴン(免責ゼロ車輌保険付)の年間保険料の例です。

自動車保険 相場

■通販型
チューリッヒ     37,080円
アクサダイレクト   40,280円
ソニー損保      42,760円

■代理店型
富士火災       56,990円
日本興亜損保     57,540円
東京海上日動     57,770円

※30代家族…対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


保険料の最安と最高との差は2万円を越しています。

例ではチューリッヒが最安になっていますが条件によっては常にそうなるわけではありません。
リスク細分による保険料の割引の仕方も各社それぞれ違うからです。

自動車保険の商品が増え相場が広がったということは、
私たち消費者が自分に合った保険を選べるチャンスが増えたということです。


自動車保険選びに一括見積もりを利用する人が増えています。

24社もある自動車保険各社の相場を知り最適の保険を選ぶには、
今では定番のようになった一括見積もりが欠かせません。


自動車保険の相場|一括見積の利用者の口コミや体験談

自動車保険 相場

一括見積もりは次のような場合におすすめです。

・初めての軽自動車購入で保険選びに迷っている
・軽自動車の保険の切り替えをしたいが時間が無い
・長い間軽自動車の保険料の比較をしていない
・軽自動車を乗り換えた
・通勤、通学などで家族の構成が変わった
・ディーラーがすすめた保険がそのままになっている


ネットでの見積もりの不安や疑問は誰もが持つものです。

入力が面倒じゃないだろうか?
補償内容の比較が分かるだろうか?
無料のロードサービスは比較できるのだろうか?
利用後に強引な勧誘などがあるんじゃないだろうか?

見積もりが初めてで不安な時、口コミや体験談が即効薬になります。
まずは一括見積もりの利用者の体験談や口コミをご覧ください。


自動車保険の相場|自動車保険選びには見積比較が欠かせない

自動車保険 相場

いくつもの損保会社の自動車保険見積を一つ一つ比較するのは大変な作業になります。
自動車保険一括見積サービスは、この複数社の比較を一度の入力作業で実現します。

ネットの自動車保険一括見積は、

・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる
・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利

というメリットがあり、自動車保険の比較にははずせないサービスです。

同じ条件でなぜこんなに保険料が違うのかという疑問が
あなたの場合の大切なポイントを教えてくれるかも知れません。


自動車保険の相場|代理店型と通販型

自動車保険 相場

代理店は事故対応を行うことができない

専業のプロ代理店でも代理店が事故時のあっせんや仲介などをすれば法令違反になります。

事故対応は保険会社が直接行うのは代理店系でも通販でも同じことです。
事故時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」ということになります。

ネットで「代理店探しが重要」とよく言われるのは、専業の代理店が10%しかない日本の自動車保険市場の現実を表しています。

「代理店の方が安心」というのは、20%の手数料に見合う「プロ代理店」に恵まれた場合の話だと考えるべきでしょう。

同じ値段なのに代理店によって品質(安心度)が違う?

ディーラーなど片手間の副業代理店はクルマではプロですが、保険のプロではありません。

契約する代理店によってこれほど品質(安心度)の違ってしまう高額商品が、どこも同じ値段で販売されていること自体が利用者にとっては問題なのではないでしょうか。
損保各社とも「代理店の粗製濫造」を反省し再教育に努めているようですが、簡単に状況が変わることはないでしょう。

一方、通販自動車保険のサービスは代理店に左右されることはありません。
事故対応24時間365日受付、初期対応(病院、修理工場への連絡等)365日実施、豊富な無料ロードサービスなどのサービスが、どこでも均一に受けられるようなしくみになっています。


■自動車保険の見直しでも等級の引継ぎは心配ない!

自動車保険 相場

一括見積で自動車保険の見直しを行い保険会社を乗り換える時でも、自動車保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変わっても新規加入時の6等級に逆戻りすることはありません。

等級制度(ノンフリート等級制度)はすべての自動車保険会社が統一的に取り扱いことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の自動車保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

自動車保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。


●自動車保険の相場は一括見積もりで確認

安い自動車保険を探すためには自動車保険一括見積で各社の保険料を比較してみることが欠かせません。

自動車保険を取り扱う保険会社は数多くあり、代理店型と通販型、リスク細分型と従来型など各社それぞれの特色によって販売を競っています。

このように多種多様な自動車保険の中から最適のものを探すには各商品の比較が必要ですが、多数の商品を自分で見積りを取りながら比較することは事実上不可能でしょう。

そんなときに力を発揮するのが自動車保険一括見積です。

自動車保険の一括見積なら、特定の契約条件で一番安くなる保険会社を一発で知ることができます。

各社の見積りを見ながら行なう比較ほど確かなものは無いでしょう。

自分にピッタリの自動車保険を見つける最も確かで早い方法が自動車保険一括見積です。

●身近で「プロ代理店」が見つかりますか?

通販自動車保険のテレビコマーシャルが毎日頻繁に流され、まるでダイレクト系の自動車保険の日本におけるシェアが急拡大しているかのような印象を持ちますが、現実には、ダイレクト系自動車保険のシェアはまだ10%に達していないはずです。

ネットを見ればわかりますが、従来の保険代理店関係の方々でしょうか、「安い保険は事故の時安心できない」「保険に詳しくなければ通販は危ない」などと、カウンターインテリジェンスに一所懸命のようです。

通販型自動車保険は、業界の90%を占める副業アマチュア代理店が販売して来た従来の任意保険の市場に、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いた画期的な価格のダイレクト販売自動車保険という新しい選択肢をもたらしました。

自動車ディーラーはクルマのプロですが保険のプロではありません。

「代理店は事故のときに駆けつけてくれる」という根拠のないコメントもありますが、クルマのセールスの方が駆けつけて何をするというのでしょうか。

プロ代理店なら頼りになるかもしれませんが、でも代理店によるあっせんや仲介は法令違反なのです。しかも、深夜や土日はどうなのでしょうか。24時間365日対応の代理店など聞いたこともありません。

一部のプロ代理店経由の場合を取り上げて、「代理店型の方が安心」というのは欺瞞に近いというべきでしょう。

通販型の電話による24時間365日受付の「初期対応」の方が安心感という点でははるかにましなのではないでしょうか。

※初期対応…事故直後の状況聞き取り・アドバイス、病院、警察、修理工場への連絡・手配

中には、「良いプロ代理店を見つけるのがポイント」という正直なコメントもありますが、身近に専業のプロ代理店が無い地域の方々はどうすればいいのでしょうか。

そもそもそんな代理店による当たり外れの大きい商品(品質の違う商品)を一律の価格で販売していることに大きい問題があるというべきでしょう。

通販の自動車保険は、代理店型の高い自動車保険は必ずしも「安心料」で高くなっているのではないことをしめし、中間コストが無い場合の「適正価格」を私たちに教えてくれたと思います。



このページの先頭へ